ユキダイが回り回って耐カンパでトンヌバなゲラハウ祭り

パウダーブルードワーフグラミィで影山

読了までの目安時間:約 11分

 

私の叔母である人が、離婚をすることになって出戻ってくることになりました。久方ぶりに会った思っていたより叔母は元気そうで、「私には看護師資格があるんだから、仕事には困らない。誰かの世話になんかならなくっても十分に生活していけるわ」と吹っ切れたように笑っていました。長期間、看護師として働く場合、辛くないといわれているのが、外来の勤務形態です。もちろん、人の命を預かるという責任は違いはありませんが、夜に働く必要がない、休日がとりやすいといった理由で外来勤務を望む人も増加してきています。友人に看護師がいるのですが仕事をやめようか続けようかで迷っていると相談を持ちかけてきました。彼女はつい最近、結婚したのですが休日出勤があって、土日休みの夫と休日が合わず、一緒にいられない生活が続いているようです。子供も欲しいし、一方で、今の仕事は辞めたくないので、悩んでいました。知り合いの看護師がずっと人間関係に悩まされていたのですが、結局、先月、退職してしまいました。このようなご時世、新しい看護師を採用するにもあまり看護師のなり手がいないようで、病院側は戸惑っているみたいです。仕事を辞められてから困るくらいなら、そのような状況に陥る前に、待遇などに配慮すれば改善するのにと思います。看護師は今も人手の不足が叫ばれています。人手の不足をどうにかするには、かつて看護師の資格を取っていながら今は看護の職業に就いていない人に、再度、看護師として働いてもらうことが良いと思われます。それには、柔軟な働き方が可能なように、医療機関が悪い部分を改めていくことが大切です。患者さんのケアをするお仕事は多岐にわたります。通常、医師の診療がスムーズに行えるような補佐的な業務を行うのが主な業務の内容ですが、それに、患者さんのケアや手助けといったことも行っています。外来なのか、入院病棟なのかによりましても業務の方向性も変わってきます。仕事の負担が大きいのは、外来よりも入院病棟の方で、大きな負担となるでしょう。これまでは男性の看護士に制限して、士という漢字を使用していました。ところが、今は男でも女でも、看護師の仕事をしていれば、師という漢字を付けるようになっています。看護師と看護士が共存していると、曖昧で分かり辛いので、改善されたのだと思います。看護師は病院などで就業していますので、勤務時間が多様です。ですから、安定してお休みが取れないといった不満があるのです。医療機関では看護師は大事な人たちですが、働いている側の本音としては必ずしも、良いとは言えない勤務実態である場合が多いようです。看護師って医療職で結構、手堅い職業と思われがちですが、けっこうしんどい仕事の割には稼ぎはたいしたことはないです。婦長クラスならともかく、多数の人は大変な割にはいまいちの額なのです。割に合わない安月給に嫌気がさして辞職してしまう看護師も珍しくありません。医療機関で看護師は働いていますが、ただ、医療行為さえすればいいわけではありません。看護師は病気やケガで動けないクランケの身の回りの支援もしなければならないので、病院の中でとても多忙に労働しているのです。重労働の割には、薄給で、体を壊してしまうほどのストレスを感じることもありました。看護師の平均賃金は、激務である割に、それほど高額ではないのが実態のようです。そのため、常によりよい月収を支給してくれる職場を希望して転職者が動いています。賃金が高い病院は、とても人気がありあまり枠があかないため、看護師専用の転職サイトなどを駆使して、転職のために活動している方も珍しくありません。看護師として働きながら経済的な余裕を望むなら、掛け持ちの仕事があります。仕事が休みの日を活用して副業で収入を得る看護師は年ごとに増えてきています。Wワークの利点は、何もしていない時間を効率的に使うことが出来て、全く関係のない仕事をすることで気晴らしにもなることです。看護師の仕事に就くとすると、単に、知識とか技術だけにとどまらず、「この世界で働くんだ」というような固い意志が大切だと思います。専門職なので、一般職の女性などに比較すると収入はよく、働き口に困ることもないです。でも、普段はほとんど関わることのない人間の死と向き合わなければいけません。医療機関には、看護師は欠くことのできない大切な働き手になります。ですが、看護師の処遇は特に良いとはいえません。看護師は夜間の勤務があったり、休暇がそれほど多くないなどの辛い環境で仕事をしていて、受け取る給料も高くないのです。多くの看護婦が退職してしまうのも、当たり前のことなのかもしれません。当然の事ですが、看護師の仕事というのは、医療の現場では重要な職務といえます。一年中、毎日、厳しい現場で業務を行っていると、強すぎるストレスにつぶされそうになることもあるでしょう。看護師はいつでも命を左右する業務に従事しているため、強い緊張感にかられることもたくさんあり、ストレスを上手に解消する工夫をすることも必要でしょう。よく知る看護師が、少し前に、違う病院に職場を変えたと言っていました。ラクそうな職場だったのに、とわけを聞くと、「とっても暇だった。とのことだったのです。働きたくないと思っている人が多い世の中で、彼女みたいな考え方が出来る人もいるものなのですね。派遣で、看護師が働く時には、様々な良い部分や悪い部分が存在します。まず、良い点としては長期間働かなくてよく、都合や条件に合わせて他の職場に自由に移れることです。悪い点は、昇給や賞与がないので、長期間勤務するには向かないことでしょう。どんな職業でも、その現場にしか通じない言葉があります。任務をスムーズにこなすためなどの理由でその職にしか使えない言葉が発展しています。同じように、看護をする人でも業界特有の言葉が利用されています。例を挙げると、心マは心臓マッサージ、ギネが女性専用の科、乳の癌はマンマ、入院はアドミッションなど、数多くの業界のみの言葉を利用しています。看護師は医師からの指示のもとで医療行為をするパターンが多いですが、単純な医療行為であれば、医師の指示がない場合でも可能なのです。ですので、例えば、老人ホームなど福祉施設に看護師や医師がいる場合、とても心強いと思われます。現実的な看護師の業務内容は患者さんの治療関連の仕事のみならず、患者さんの身近なお世話まで、業務に含まれています。そのため、医療機関の中で看護師ほど、やることの多い人はいないだろうと感じます。そんなナースの仕事の中味に合った待遇になってほしいと思います。看護師が病院や医療施設などで勤務する時、その配属先は非常に重要なポイントです。同じ医療施設でも配属される科によって、勤務時の作業が大きく違ってきます。自分が志望していた配属先なら問題は発生しませんが、自分が不得意と考えている配属先だと仕事にうまく馴染めない事例も考えられます。看護師さんは、肉体的にも厳しい業務が多いです。くれぐれも過労死をしてしまわないように気をつけた方がいいでしょう。条件が満たされていなければ転職を考えてみてください。重大な病気になれば、働くことも不可能になります。自分の体調のことは他の誰も守れません。看護師にとって負担が少ない病棟としては、採血室が知られています。透析や採血、献血のような特有の仕事だけを行う科といえます。献血センターなども、この科に該当します。ベースは同じ作業の繰り返しで採血のテクニックが上達しますし、人の命を左右するような仕事もほとんどないです。どの科でも採血を必要とする場面が多いので、どの科に替わっても助けになります。交通事故により救急搬送された際に、医師が気付かなかった鎖骨の骨折を見つけて処置してくれたのはまだ若い看護師の人でした。後になってから知ったのですが、とてもお若い人なのに看護師長の立場だったのです。能力の評価が正当に行われた結果でしょうね。看護師の役目で大変な事の一つに夜間勤務があるという事があります。病院の場合、夜中に患者の病状が急変する事も少ない事はありません。そんな場合に、対応するために看護師には夜間勤務が存在するのです。けれども、ナースにとって、夜の勤めというのは健康状態を悪くしやすくなりますし、負担が大きすぎると言えるでしょう。一般的に、看護師は意欲がそそられる仕事だと多くの人がいいますどんな職業でも直接に人と関係することがなくなる傾向にあります。他方、看護師は他人と深くかかわることができ、援助することができるという意味でやってやろうと思う方が少なくないのかもしれません。日本では、長寿化が加速し現在となっては超高齢化社会になりました。この状況下で需要が高い職業が看護師と介護士、医師です。全て専門知識、専門技術が必要で、簡単な仕事とは言い難いです。これらの職業人の育成に関して政府は、もっと真剣に考慮した方がいいと思います。勤め先に関わらず、看護師は大変なこともたくさんある仕事ですが、一生継続しやすい仕事であるともされています。結婚とか妊娠で、一回休みを取った場合も、復職しやすい職業です。ハイレベルな専門性が子育てが一段落してからの復帰がしやすいことにつながっていると思われます。生涯、就職先に困らないとされる一方、離職の割合が高い職種です。看護師の就業人数が足りないという病院も多いため、もう一度、就職することはいいことでしょう。とはいえ、前職からの期間が経っていたら少々不安ですね。転職を紹介してくれる先などを最大限に利用して相談ができるサービスを活用してください。。私が看護師の仕事に身を投じたいと思ったきっかけは、いろいろな病気やケガ、体調不良を抱えている患者さんの支援を行う、仕事のやりがいを見出しているからです。実は、私も以前、入院した際、看護師さんのお世話になり、私が看護師として、患者の介助をしようと考えています。

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧